男の人と女の人

結婚指輪なら完成度の高いラザールダイヤモンドを選びましょう

一生の思い出に

ハート

シンプルで長く使える

最近の婚約指輪は、シンプルで長く使えるデザインが人気になっています。少し前までは、立爪タイプの婚約指輪が主流でしたが、最近は実用性を重視してダイヤモンドが埋め込まれたタイプが人気です。プラチナ製のリングに、一粒ダイヤモンドのタイプが一般的ですが、実用性を重んじてエタニティリングを選ぶ女性も増えています。エタニティリングの場合、結婚指輪と兼ねた婚約指輪として、一本で二役与える場合もあります。婚約指輪の価格は、ダイヤモンドの大きさや質によって大きく変化します。一般的には、予算を30万円程度に設定しているケースが多いです。給料の3か月分という数値は一昔前のものであり、一般的に給料1カ月分くらいの婚約指輪を選ぶカップルが多いと言えます。30万円程度の場合、有名ブランドで購入すると、0.2カラットくらいのダイヤモンドになります。ダイヤモンドの質を落とせば、もう少し大きいダイヤモンドにすることもできますが、婚約指輪の性質を考えると、一定の質は維持するべきです。0.2カラット台のダイヤモンドは小粒ですが、ブランドのものは質が良く、輝きも際立つので、小ささはそれほど気になりません。ブランド以外で購入すれば、予算30万円で0.3カラット程度のダイヤモンドリングを買うことができます。大きさをとって、ブランド以外のお店で購入するカップルも多いです。こうした事情から、婚約指輪の相場は、30万円程度で、0.2〜0.3カラット程度のダイヤモンドがついたプラチナリングが人気ということがわかります。