男の人と女の人

結婚指輪なら完成度の高いラザールダイヤモンドを選びましょう

いろいろな種類がある

カップル

個性に合わせて選択をする

結婚指輪というと、プラチナのシンプルなリングというイメージがついており、それほど多くのデザインは存在しないと考える人も少なくありません。しかし、実際にブライダルジュエリーを扱うお店に行ってみると、いろいろなデザインがあることが分かります。まず、材質も、プラチナだけでなくゴールドやホワイトゴールドなど、いろいろあり、好みに合わせて選ぶことができます。最近は、ピンクゴールドも出てきて、女性に人気になっています。結婚指輪は、結婚後、日常的に身につけるもののため、劣化が少ない材質が選ばれますが、選択肢はいくつもあるのです。また、デザインもいろいろです。プラチナとゴールドのコンビもありますし、ダイヤモンドを埋め込んだタイプもあります。特に女性の場合、婚約指輪をなくす代わりに、ダイヤモンドが埋め込まれた結婚指輪を購入するケースも多いです。その場合、実用性を考えて、ダイヤモンドがしっかり固定されたデザインを選ぶのがポイントになります。さらに、リングのラインもいろいろあります。一般的なものはストレートタイプですが、人の手になじみやすい流れるデザインも出てきています。薬指から小指にかけて、斜めになっている人が多いため、結婚指輪が斜めになったときにきれいに見えるよう、流れるデザインが採用されているのです。結婚指輪は、必ずしも男女で同じデザインを採用する必要はないため、男女それぞれ、自分の手に合った指輪を探すことが大切です。