男の人と女の人

結婚指輪なら完成度の高いラザールダイヤモンドを選びましょう

男性目線での指輪選び

リング

後々まで考えた選択

男性から女性へ永遠の愛の証に贈る婚約指輪は、結婚後もハメる機会が女性側にあることは意外と知られていないブライダル事情です。結婚記念日や式典などに用いるのが特徴で、愛の証から絆の証へと移り変わります。人生の節目にも婚約指輪をハメるため、一生モノであるデザイン選びでは大人の品格・気品が重要視できます。ですが、結婚指輪と比べ、普段使いしない間に指のサイズに変化は生じるため、手直しも重要です。切ったり繋いだり、こうした手直しが困難となるデザインにはメレやパヴェタイプがあり、変形や石が落ちやすくなります。リペアまで視野に入れることは大事です。また、男性が気になるのは価格帯で、給料の3カ月分が目安とされてきたものの、とあるブライダル調査では平均は33万円台です。婚約指輪の価格の大部分を占めるのが宝石で、ダイヤモンドは永遠の輝きから定番の石です。いつの時代でもプラチナ使用の立爪ソリテールは人気があり、センターに一粒だけセットされた形です。この時重視されるのが4Cの指標で、カット・カラー・クラリティ・カラットで価格差が生じます。ソリテールでは宝石がメインとなるため、カットとカラーは重視すべきです。また、ダイヤモンドの中にも色付きがあり、この場合にはクラリティとよばれる不純物の少なさから選ぶことが大事です。文化の違いもあり、海外では婚約指輪にブルーサファイアを配したデザインで贈るパターンもあります。サムシングブルーリングとして話題性を集め、ワッシャーやプレス製法、硬化キャスト製法などの加工の違いもあります。メンテナンスの時期にも差が出るため、男性は後々まで意識した婚約指輪を選ぶことが大切です。